生活情報

甚大な豪雨被害をもたらしたハリケーン「ハービー」の被害状況と今後のハリケーン対策

09/08/17 21:00 (ET)
Image: 甚大な豪雨被害をもたらしたハリケーン「ハービー」の被害状況と今後のハリケーン対策

 甚大な豪雨被害をもたらしたハリケーン「ハービー」。8月25日にテキサス州南東部に上陸後、付近に停滞。1300ミリを超える記録的な豪雨となりました。熱帯低気圧になって10日が経った今も大勢の人々が避難生活を余儀なくされています(9月8日現在)。今回は、その「ハービー」による被害状況と今後のハリケーン対策についてお伝えします。

 大型ハリケーン「ハービー」の大雨による洪水で、これまでに少なくとも死者が60人以上、浸水などの被害を受けた家屋は15万世帯以上に達しています。被害額は、1800億ドルに上ると推測され、これは2005年にアメリカ南東部を襲ったハリケーン「カトリーナ」の1600億ドルを上回る規模です。

 このハービーが被害をもたらしたヒューストンなどの地域には在留届を出している日本人がおよそ6000人いるとされています。今のところ死傷者は報告されていませんが、日本人の多くも自宅が浸水するなどの被害を受けました。

 会社員の南山基己さんもその一人。ヒューストン郊外にあるアパートが浸水して、一時3階の部屋に閉じ込められました。南山さんは、「車はもう完全にダメですね。車庫にも行けないです。普通の乗用車ですので、車の屋根も完全に水の下になっていて、もうダメですね。それから避難所に行って…。なるようにしかならないですから。でも、あの雰囲気だとたぶん2、3日どころか少なくとも1週間くらいは部屋に戻れないんだろうなと思っています」と現在の状況を話してくださいました。

 また、日本人の被害状況について、ヒューストンにある日本国総領事館の天野哲郎総領事が電話インタビューに答えてくださいました。

 「幸いにして、今回のハリケーン・ハービーで、日本人の方で死傷された方はまだ一人も出ておらず、私としては非常にうれしい話でございます。他方、家屋の浸水により未だに避難生活を余儀なくされている方々がいらっしゃいますので、そうした方々の状況の把握と、さらにはご支援などいかなることができるのかを、当地日本人の関係団体の方々と共に調査、及び、支援の方の検討を進めている状況でございます」

 「ハービー」による被害の実態も明らかでない中、再び大型のハリケーン「イルマ(Irma)」が大きな被害を与えそうな動きを見せており、フロリダ州では非常事態宣言を出して警戒にあたっています。次々とアメリカを襲うハリケーン。私たちはどんな備えをすればよいのか、日本政府がウェブサイトで具体的な注意事項を説明しています。

●ライフラインの停止や避難に備えておく
大災害が発生したときには、電気やガス、水道、通信などのライフラインが止まってしまう可能性があります。ライフラインが止まっても自力で生活できるよう、普段から飲料水や非常食などを備蓄しておくことが大事です。また、自宅が被災したときは、安全な場所に避難し、そこで避難生活を送ることになります。避難所生活に必要なもの(非常用持ち出し品)をリュックサックに詰めておき、いつでもすぐに持ち出せるように備えておきましょう。

<災害時に備えた備蓄品の例>
0908sonae1-copy ・飲料水 一人1日1ガロンを目安に、1週間分の備蓄が望ましい
・非常食(ビスケット、チョコレート、エナジーバー、缶詰、カップ麺など)
・トイレットペーパー、ウェットティッシュ、医療キット、懐中電灯、予備電池、衣類、下着、ガソリンなど
飲料水とは別に、物を洗ったり、トイレを流したりするための水も必要です。日頃から水道水を入れたポリタンクを用意する、お風呂の水をいつも浴槽にはっておくなどの備えをしておきましょう。

<非常持ち出し品の例>
0908sonae2 ・飲料水
・非常食(ビスケット、チョコレート、エナジーバー、缶詰、カップ麺など)
・貴重品(パスポート、現金、保険書類など)
・救急用品(ばんそうこう、包帯、消毒液、常備薬など)

・ヘルメット、マスク、軍手、懐中電灯、笛、衣類、下着、毛布・タオル、携帯ラジオ、予備電池、携帯電話の充電器、使い捨てカイロ、トイレットペーパー、ウェットティッシュ、洗面用具(歯ブラシなど)、携帯トイレ
・乳児のいるご家庭は、ミルク・紙おむつ・ほ乳びんなども用意しておきましょう。
(資料:消防庁「わたしの防災サバイバル手帳」ほか)


●家族で避難計画を決めておく
災害が発生したときに、お互いの安否を確認できるように、日頃から集合場所や安否確認の方法などを家族で話し合っておきましょう。

<避難計画>
0908sonae3s
*備蓄品等の詳細については 在ヒューストン日本国総領事館、もしくは在マイアミ日本国総領事館のウェブサイトをご覧ください。

●ハリケーン襲来に伴う緊急連絡先
<在ヒューストン日本国総領事館>
管轄地域:テキサス州、オクラホマ州
consulategeneral_houston-copy

<在マイアミ日本国総領事館>
管轄地域:フロリダ州
consulategeneral_miami
テレビジャパンCLUBのTOPに戻る

テレビジャパンNEWS放送中!


「テレビジャパンCLUB」へのご意見・ご感想

「テレビジャパンCLUB」へのご意見・ご感想をお待ちしております。emailか郵便で下記の宛先までお寄せ下さい。

「テレビジャパンCLUB 視聴者コーナー 係」

NHK Cosmomedia America, Inc.
100 Broadway, 15th FL., New York, NY 10005

E-MAIL: tvjapan-club@nhkcma.com まで



PAGE TOP