アート・趣味

ニューヨークで密かなブーム! 日本の伝統的な柄・願いが込もった「刺し子」

12/01/17 21:00 (ET)
Image: ニューヨークで密かなブーム! 日本の伝統的な柄・願いが込もった「刺し子」

 皆さんはサッカー日本代表の新しいユニホームをご存知ですか? 藍色の生地に施された、白い点線のシンプルなデザイン。これは「刺し子」という日本の伝統的な刺しゅうです。今回の特集は、今密かなブームになっている「刺し子」の魅力と、ギフトにおすすめ「刺し子のコースター」の作り方をご紹介します。

120117-1 日本の伝統的な刺しゅう・刺し子は、藍色の布などに白い糸で、線で模様を施します。元々寒い地方などで、布を補強し寒さをしのぐ手段として生まれたものでしたが、伝統模様を施す手芸へと発展していきました。

 「刺し子」の模様には子供の成長を願い、魔除けの意味を持つ麻の葉や人と人とをつなぐ縁や和の大切さを表す七宝など、一つ一つに意味があり、人々の願いが込められています。

 その「刺し子」が今、ファッション通のアメリカ人の間で密かなブームを呼んでいます。先日、ニューヨークで「刺し子」のワークショップが開かれました。アメリカ人参加者にインタビューしてみたところ、「刺し子の魅力はシンプルな美しさ。藍色も良いわ。日本のデザインの美学をもっと知りたいです」「無駄をなくすというコンセプトがいいと思う。長い間ものを大切に使い、捨てない。そういう心が美しい」と大好評です。

120117-2 このワークショップを開いているのが、「刺し子」アーティストとして活動している二ツ谷淳さんです。岐阜県飛騨市の刺し子家業の家に生まれました。2014年に国際結婚したことをきっかけに渡米、北米で「刺し子」を広めようと、 ワークショップを始めました。

 「手仕事であることと、日本的な“もったいない”の観点とか、布を大切にするとかっていう、大量生産、大量消費からオリジナルのものを自分の手で作っていく、その社会的な変化の中にでも、そういう自分らしさを出していくっていうのにヒットしているんじゃないかなと思います」と、二ツ谷さんは語ります。

 アメリカでは刺し子のデザインは尊重しつつも、さらにこれをアレンジした刺し子のパッチワークをジーンズなどに施すのが人気だということです。これについて二ツ谷さんは、「僕ら刺し子をずっと生業にしている人間は、基本的に日本的な美で直したところは隠して表面はきれいに、なんですけれど…。アメリカの方は、これを見せなきゃだめだと。このパッチをしているところを見せた方がいいんじゃないかと。これは、すごくうれしいです。パッチワークと刺し子など、どんな形でもいいと思うので、布を大切にするという僕らの想いが次の世代に残っていったらいいなと思っています」と話してくださいました。

 シンプルな日本の伝統美が詰まった「刺し子」。今回は二ツ谷さんに、ホリデーパーティーに彩りを添える「刺し子のコースター」の作り方を教えていただきました。(作り方は以下をご覧ください)

 クリスマスのちょっとしたギフトに作ってみてはいかがでしょうか。日本の伝統的な柄、願いが込められた刺し子はアメリカの人にも喜んでもらえるのではないでしょうか。


刺し子コースターの作り方


1201%e4%bd%9c%e3%82%8a%e6%96%b9photos <刺し子コースターの材料・道具>
(材料)
柄が描かれた表布・・・1枚
裏布・・・・・・・・・1枚
アイロン接着シート・・1枚
刺し子糸・・・・・・・1本


(道具)
刺し子針・・・・・・・1本
指ぬき・・・・・・・・1個
糸切りバサミ・・・・・1本
布切りバサミ・・・・・1本
アイロン

<作り方>
1)最初に 麻の葉柄に玉留めを作らずに一筆書きで刺す
*針の根が常に指ぬきに当たるように針を押す

2)刺し終わりは玉留めを作らず重ね縫いをする

3)余分な糸を切り 型崩れを防ぐためにアイロン接着シートを貼り付ける

4)裏布をつけ 四方をまち針で留める

5)アイロン接着シートの外側を縫い かたちを作る
*そのうちの一辺はポケットを作るため 縫わずにおく

6)4つの角は裏返すと厚みがでるので 切り落とす

7)ひっくり返して 返し口をまつり縫いで閉じる
*できるだけ縫い目が隠れるように まつり縫いをしていく

8)これで完成
テレビジャパンCLUBのTOPに戻る

テレビジャパンNEWS放送中!


もこみち流 レシピ(1週間掲載)

ミートボールパスタ

もこみち流 ミートボールパスタ

材料

パスタ(1.9mm)・・・・・160g
にんにく・・・・・2片
玉ねぎ・・・・・1/4個

[A]
 牛挽肉・・・・・180g
 卵・・・・・1/2個
 ウスターソース・・・・・大1/2
 赤ワイン ・・・・・大1/2
 ナツメグ・・・・・少々
 クミン・・・・・少々
 塩・こしょう・・・・・少々

オリーブオイル・・・・・適量
タイム・・・・・適量
塩・こしょう・・・・・各少々
バジル・・・・・適量
赤唐辛子・・・・・適量
パルミジャーノチーズ・・・・・適量

作り方
  1. パスタは塩茹でする。
  2. にんにくは1片をみじん切り、1片を薄切りに、玉ねぎはみじん切りにする。
  3. みじん切りのにんにくと玉ねぎはAと一緒にボウルに入れてよくこね、ミートボールにして、オリーブオイルを熱したフライパンに入れて転がしながら火を通す。
  4. 薄切りのにんにくは、オリーブオイル(大2)と共にフライパンに入れ、ガーリックチップを作り取り出し、タイムをちぎり入れ、(1)のパスタを入れて絡め、塩・こしょうで味を整えてから盛り付ける。
  5. (4)の上に(3)のミートボールを乗せ、赤唐辛子の小口切り、ガーリックチップ、
    パルミジャーノチーズのすりおろし、バジルを乗せ、お好みでオリーブオイルを回しかける。
  6. POINT

    ●手作りミートボールをオリーブオイルで焼く
    ●茹であがったパスタをタイムとともに炒める


「テレビジャパンCLUB」へのご意見・ご感想

「テレビジャパンCLUB」へのご意見・ご感想をお待ちしております。emailか郵便で下記の宛先までお寄せ下さい。

「テレビジャパンCLUB 視聴者コーナー 係」

NHK Cosmomedia America, Inc.
100 Broadway, 15th FL., New York, NY 10005

E-MAIL: tvjapan-club@nhkcma.com まで



PAGE TOP