最新ニュース・美容/健康

「パワーナップ」で仕事の効率アップ! 昼寝に着目した新ビジネス

05/11/18 21:00 (ET)
Image: 「パワーナップ」で仕事の効率アップ! 昼寝に着目した新ビジネス

 皆さんは職場でつい居眠りをしてしまったこと、ありませんか? 職場で堂々と昼寝をするのは少しはばかられる気がしますが、実は今、「昼寝」の効果に着目した新たなビジネスが徐々に広がっています。全米睡眠財団の調査によると、およそ3割の人たちが職場で居眠りしたり、眠気を感じながら仕事をしたりしているといいます。

ニューヨークで働く人たちに「昼寝」について質問してみました。ある男性は、「職場で時々寝ます。こうやって座っているように装って」と答え、ある女性は、「もし場所があれば10分くらい昼寝するかも。でも昼寝のための場所なんて聞いたことないわ」と話してくれました。

多くの人々が日中に眠気を感じている現実について、睡眠医学の専門家・河合真先生にうかがいました。

「20〜40、50代のビジネスパーソンは慢性的に寝不足な人が非常に多いといわれています。そういった眠たい状態で仕事をしますと、集中力が低下したり、判断ミスをしたりとパフォーマンスが落ちます。その一時的な解消方法として、昼食後に昼寝をすることは良いとされているんですが、だいたい30分以内に納めてください。あと、環境を整える(ことが重要です)、昼寝をしたければリラックスできる環境を整えるのが大事になってきます」

051118-1 30分以内の昼寝を取ると脳の疲れが取れてスッキリするといいます。アメリカではそのことを「パワーナップ」と呼んでいます。パワーナップの効果を期待し、社員の作業効率を上げようとIT企業などでは社員が「昼寝」を自由に取れる場所を提供し始めています。

ニューヨークにある法人向けに健康プログラムを提供している会社です。この会社には、オフィスの一角に昼寝専用スペースがあります。寝過ぎないよう、また効果的な昼寝を取るために開発されたイス(MetroNaps)が置かれています。上半身をドームが覆い、光と音を遮断。睡眠を促す音楽を聴きながら眠ることができます。体を休めるのに最適な姿勢になるように椅子がデザインされ、タイマーをセットしておけば、振動で優しく起こしてくれるので、寝過ごす心配もありません。現在、アメリカを中心に世界各地の企業でこのイスが使用され、空港の待合室にも設置され始めています。アメリカのメーカーが開発したこのイスは1台およそ130万円と高額ですが、昨年の売り上げが前の年と比べて40パーセント上がったといいます。

051118-2 そんな中、オフィスだけではなく簡単に「昼寝」ができる場所を提供しようと、新たなビジネスがニューヨークで始まりました。その名も「Nap York」。一見オシャレなカフェのように見えますが、階段を上がって入ってみると…。どこかで見たことがありませんか? 日本のカプセルホテルです。カプセルはアメリカでは「ポッド」と呼ばれています。24時間営業でポッドの利用料は、30分10ドルです。Nap Yorkは4階建てで、1階がカフェ、2階がヨガスタジオになっていて、3階と4階に合わせて29個のポッドがあります。この施設を考案したのが、Nap York共同経営者の池田将洋さんです。以前は不動産会社に務めていた池田さん。ニューヨークには昼寝できるような場所がないと常々思っていたそうです。

「私、元々不動産をやっていたんですけど、アポイントとアポイントの間に時間が空いちゃうと、その時に気軽に休める場所がないというのが、一番初めのインスピレーションを受けたところです。全米で初ですが、日本のカプセルホテルのカプセルのコンセプトをこっちに持ってきて、人が30分から寝られるというように設定しています」

この「ポッド」は体の大きい欧米人用に、日本のカプセルよりも20%から30%大きく設計されており、圧迫感を感じさせないよう天井はプラネタリウムのような照明を使っています。また、マットレスは清潔感を保つため、洗うことのできるマットを使用しています。このポッドは池田さんの会社で開発し、今後全米に普及させていきたいと考えています。将来の展望についても池田さんにうかがいしました。

「例えば、ニューヨークの大学や最先端のテクノロジーの会社から、これを買いたい、もしくはリースをしたいという問い合わせがけっこう入ってきています。いつでも気軽に昼寝にアクセスできるという環境を作るために、ストレスフルな都市にどんどんどんどん横展開していきたいという希望がありますね」

男性客に感想を聞いてみました。「天井が星空なのがユニークですね。日本のカプセルはいいアイディアだと思います。特にニューヨークにはピッタリですよね。また、女性客にもインタビューしたところ、「近くで働いていて昼休憩中に利用するの。就業時間までちゃんと働けるくらいに回復できるわ」と答えてくれました。

「パワーナップ」という言葉ができるほど、「昼寝」に対する考え方が変わってきているんですね。職場で堂々と昼寝ができるような時代になるのでしょうか。

MetroNaps
www.metronaps.com

Nap York
www.napyork.com
テレビジャパンCLUBのTOPに戻る

テレビジャパンNEWS放送中!


もこみち流 レシピ(1週間掲載)

もこみち流 イワシの洋風コロッケ

もこみち流 イワシの洋風コロッケ

材料

イワシ(上身)・・・・・・120g
ブロッコリー(ゆで・小房)・・・・・・4個
ブラウンマッシュルーム・・・・・・2個
スライスベーコン・・・・・・2枚

[A]
  塩・こしょう・・・・・・・・・各少々
  白ワイン・・・・・・・・・大1
  ケッパー・・・・・・・・・大1
  パン粉・・・・・・・・・大4
  牛乳・・・・・・・・・大1
  卵黄・・・・・・・・・1個

小麦粉・・・・・・・・・適量
溶き卵・・・・・・卵1.5個+水 大2
セモリナ粉・・・・・・大3
パルミジャーノすりおろし・・・・・・大1

揚げ油・・・・・・・・・適量
レモン・・・・・・・・・1個
クレソン・・・・・・・・・4本

作り方
  1. イワシは頭と内臓を取り、手開きし、尾、小骨を取って除く。
  2. ブロッコリー、ブラウンマッシュルーム、ベーコンを適当な大きさに切り、(1)、Aと共に、フードプロッセッサーにかける。
  3. (2)を5等分にし、俵型にする。
  4. 小麦粉、溶き卵、セモリナ粉とパルミジャーノを合わせたものを順につけて、170度程度に熱した油でこんがり揚げ塩・こしょうをふる。
  5. (4)をクレソンを散らした器の上に盛り付け、レモンの皮を削りかけ、レモン汁を搾りかける。
POINT

●セモリナ粉とパルミジャーノチーズで食感のよい衣に!


「テレビジャパンCLUB」へのご意見・ご感想

「テレビジャパンCLUB」へのご意見・ご感想をお待ちしております。emailか郵便で下記の宛先までお寄せ下さい。

「テレビジャパンCLUB 視聴者コーナー 係」

NHK Cosmomedia America, Inc.
100 Broadway, 15th FL., New York, NY 10005

E-MAIL: tvjapan-club@nhkcma.com まで



PAGE TOP