美容/健康

注目したいアンチエイジング事情

01/24/20 21:00 (ET)

いつまでも若々しく元気でいたい! アンチ・エイジングは永遠のテーマですよね。世界中でさまざまな加齢対策が提唱されていますが、アメリカでは最近、どのようなものが流行っているのでしょうか? 2020年注目したいアンチ・エイジング事情を伺ってきました。

老化とは、体のさまざまな生理機能が衰えることです。それにより脂肪がつきやすくなったり、肌のシワやたるみが目立ってきたりします。老化の大きな要因には、筋肉の減少、脳機能の衰え、ホルモンバランスの崩れ、腸機能の低下、体内に溜まった毒素があり、これらの要因を改善することで加齢の速度を遅めることができるといいます。

今回、お話を伺った白石里美さんは、ホリスティック・ヘルスコーチとして、アメリカのウェルネス事情についての執筆活動や、クライアントに生活習慣病の予防や改善などの指導を行なっています。

「食生活を改善したり、睡眠ですとか、運動、美容法を見直すことで加齢の速度を遅めることができます」

アンチ・エイジングにいいといわれるものは数多くありますが、その鍵を握る食生活、運動、美容法。それぞれ注目されているものは何なのでしょうか? まずは、食生活。

「今、アンチ・エイジングに一番効果があるといわれているのが、インターミッテント・ファスティング(断続的断食)という食事法です」

インターミッテント・ファスティングとは、1日のうち12時間〜18時間食事をしない時間を作ります。それ以外の時間は、栄養バランスの取れた食事を心掛けるというものです。

「これは一定期間食事を取らないことで、摂取カロリーを2、3割減らして、体内の細胞を修復する成長ホルモンの分泌を増やすことでアンチ・エイジングになるという食事法です。12時間の場合が一番やりやすいと思うのですが、前の晩に8時に食事を終えた場合は、次の朝8時までは食事はとらない。まぁお水は飲んでも大丈夫なんですけど。8時以降に食べるという、ですので、そんなに無理せずとも実践できると思うんですね」

そして老化を加速させる要因の一つでもある、腸機能の低下を整えてくれる食事が注目されています。

「近年では、リーキー・ガット(リーキー=漏れる、ガット=腸)と呼ばれる症状が注目されていまして、これは普段の食生活ですとか、生活習慣の乱れによって腸の腸壁に小さな穴が空いてしまう症状なんですね」

リーキー・ガット(腸の機能障害)とは、本来、排出されるはずの老廃物が腸壁に空いた隙間から血管に入り、体内に流れだすことでアレルギーや炎症、老化の加速などを引き起こすといわれています。そこで注目されているのが…。

「今アメリカで注目されているのが、ボーンブロスです」

ボーンブロスは、鶏や豚、牛の骨を野菜と一緒に長時間煮込んだスープです。

「ブロススープはコラーゲンをたっぷり含んでいますので、このコラーゲンが腸に空いた穴を修復してくれるといわれています。インターミッテント・ファスティングをしている時に、朝ごはんに飲むというのもオススメです」

続いて、アンチエイジング対策にはどんな運動がいいのでしょうか?

「運動は基本的にどんな運動でもアンチ・エイジングになるといわれていまして、例えばある研究では40代の方々で1週間200分運動をしていた方は肌の状態が20代30代の人が多かったという研究結果がありまして。200分というと、週5日運動されるとしたら、40分。毎日運動するとしたら30分。ですので、そんなにたくさん運動しなければいけないというわけではありません」

とはいえ、毎日ジムに通ったり、一人で運動を習慣付けるのは、なかなか難しいですよね。そんな方たちのために自宅で気軽に運動ができるサービスが注目を集めているそうです。

「今はオンラインのストリーミングといいまして、人気スタジオのクラスを自宅で受けられるというサービスが流行っているんですね。バイクを購入してスピニングを受けるクラスもありますし、あとはもうヨガマット一つでヨガ、ピラティス、バレエに似たエクササイズのバーエクササイズが受けられたりなど、いろいろな選択肢がありますので、ご自身が一番楽しいと思って続けられるクラスをオンラインで取っていただくというのがオススメです」

そして女性は特に気になる美容。

「今一番注目されているのは、植物性のレチノール(Retinol)とバクチオール(Bakuchiol)という植物性の物質になります」

レチノールとバクチオールは、お肌に欠かせない成分で、ハリや弾力を与えてくれます。老化によってダメージを受けたコラーゲンやエラスチンに働き掛け正常な状態に戻し、若々しい肌になるんです。

「レチノールは刺激があったりですとかするものがあるので、敏感肌の方は使えない方もいらっしゃるんですけれども、そういう方でもバクチオールでしたら安心して使うことができます」

バクチオールの商品は、オーガニックストアなどでも買うことができるそうです。

少し生活習慣を見直すことでできるアンチ・エイジング。いつまでも若々しく健康でいるために皆さんも生活の中に取り入れてみてはいかがでしょうか? インターミッテント・ファスティング、僕も試したことがあるのですが、最初から長時間やるとつらいので、徐々に体を慣れさせていくのがポイントですよ。12時間なら無理なくできそうです。
テレビジャパンCLUBのTOPに戻る

もこみち流 レシピ(1週間掲載)

いんげんとパプリカの卵炒め

もこみち流 いんげんとパプリカの卵炒め

材料

いんげん(ゆで)・・・・・・200g
パプリカ(赤)・・・・・・1/2個
イカ(上身)・・・・・・・1杯

 [A]
  酒・・・・・・大1
  塩・こしょう・・・・・・各少々
  卵白・・・・・・大1
  片栗粉・・・・・・大1

卵・・・・・・・・3個
紹興酒・・・・・・小1
牛乳・・・・・・・大2
サラダ油・・・・・大2

[B]
  しょうゆ・・・・・・・・・大2
  オイスターソース・・・・・大1
  酒・・・・・・・・・・・・大2
  塩・こしょう・・・・・・・各少々
  うま味調味料・・・・・・少々

作り方
  1. いんげんは斜め切りし、パプリカは1cm角程度に切る。
  2. イカは格子状に切込みを入れてから、短冊切りし、Aで下味をつける。
  3. 卵を溶き、紹興酒、牛乳を混ぜる。
  4. フライパンにサラダ油(大1)を熱し、(3)を流し入れてふんわりと炒めて、取り出す。
  5. (4)のフライパンにサラダ油(大1)を足し、(1)、(2)を入れて炒め、Bを加えて絡め、(4)を入れて全体を絡める。
POINT

●イカは格子状に切り込みを入れ 味をよくからませる
●高温の油に卵を入れると ふわふわになる


「テレビジャパンCLUB」へのご意見・ご感想

「テレビジャパンCLUB」へのご意見・ご感想をお待ちしております。emailか郵便で下記の宛先までお寄せ下さい。

「テレビジャパンCLUB 視聴者コーナー 係」

NHK Cosmomedia America, Inc.
100 Broadway, 15th FL., New York, NY 10005

E-MAIL: tvjapan-club@nhkcma.com まで



PAGE TOP