エンタメ

ラスベガスのホリデーの魅力:華やかなカウントダウン、人気ものまねショー

12/20/19 21:00 (ET)
Image: ラスベガスのホリデーの魅力:華やかなカウントダウン、人気ものまねショー

今日の特集は、眠らない街「ラスベガス」です。さまざまなエンターテイメントを楽しめるラスベガスのホリデーの魅力をお届けします。

エンターテインメントの中心、ラスベガス。アメリカの都市の中でも、観光客数が年間平均4200万人に達する人気の都市です。

ラスベガスのホリデーの魅力を聞きに観光局を訪ねました。

グローバル・デベロップメント・シニア・ディレクターのラファエル・ビラヌエバさんは、「ラスベガスは毎日がホリデーという人もいますが、ホリデーシーズンは格別です。ショーがホリデーバージョンになり、ホテルも装飾されます。特にベラージオは、今年は過去10年間で私が見た中で最高です。ウィンホテルは冬のワンダーランドになりとても美しいです」と紹介してくれました。

そのラスベガスは2年前、58人が死亡した、アメリカ史上最悪の銃乱射事件が起きました。地元住民は「ベガス・ストロング(Vegas Strong)」という言葉をスローガンに結束し、安全への意識がさらに高まったといいます。

ビラヌエバさんは「私たちは事件を忘れてはいません。より安全な街にするため セキュリティを強化しました。人々が快適に過ごせ、ラスベガスは世界で最も安全な都市の一つだと信じています」と話してくれました。

そして ラスベガスの大みそかは、各ホテルが一斉に花火を上げ、華やかなカウントダウンを行ないます。

「メインの通りは歩行者天国になります。年に2回しかなりませんが、大みそかがその一つです。観光客は自由に歩き回り、ベラージオの噴水やミラージュの火山ショー、新年の花火を楽しみます。大みそかは最高ですよ」

年末、ラスベガスで外せないのが、「セレブリティーのコンサート」です。親日家のスーパースター、レディ・ガガやパワーソングの歌姫、クリスティーナ・アギレラ。

そして、クリスマスといえば、この人。マライア・キャリー。
マライア・キャリー…ですか?

お次は、エルビス・プレスリー。そう、これはラスベガスでロングランのモノマネショー、「レジェンズ・イン・コンサート(Legends in Concert)」です。見掛けだけではなく歌声も本物そっくり。ラスベガスを感じる華やかな音楽ショーです。

レジェンズ・イン・コンサートCOOのブライアン・ブリグナーさんに話を聞きました。「このショーは世界最大のライブトリビュートコンサートです。全米で毎晩たくさんのショーを行なっています。本物のアーティストを見ている気分になりますよ。今はホリデーバージョンになっていて、ヒット曲の他にクリスマスソングも披露します。ホリデーにピッタリのショーです」。ホリデーバージョンは、U2のボノもヒット曲を熱唱します。

ジャス・マハーさん(マライア・キャリー)とビル・チェリーさん(エルビス・プレスリー)の二人にも話を聞きました。「すばらしいショーです。エルビスのファンでもマライアのファンでも、誰でも楽しめるショーになっています」とチェリーさん。そしてマハーさんは「実際マライアと私は違いますが、ステージではマライアになりきっています。大ヒット曲『Hero』や史上最高に売れたクリスマス曲『All I Want For Christmas Is You』を歌います」と語ります。最後は「『レジェンズ・イン・コンサート』ぜひ観にいらしてください。ありがとう!」と呼び掛けました。

最後は出演者全員で、バンドエイドの名曲「Do They Know It's Christmas」を歌います。

ラスベガスの「レジェンズ・イン・コンサート」は、3カ月おきに出演者が変わるそうです。ラスベガスだけでなく全米各地、ハワイ、カナダでも公演が行なわれているので、機会があれば、観に行ってみてはいかがでしょうか。

Legends in Concert
www.legendsinconcert.com


テレビジャパンCLUBのTOPに戻る

PAGE TOP