趣味

NYの若者に大人気!Bonsaiのトレンドとは?

09/28/18 21:00 (ET)
Image: NYの若者に大人気!Bonsaiのトレンドとは?

今回の特集は「盆栽」の話題をお届けします。「盆栽」は英語でも、そのまま“Bonsai”と言うように、海外でも広く知られていますが、今、ニューヨークでは盆栽の新しいトレンドが若者の注目を集めています。若者たちでにぎわうマンハッタンの盆栽ショップ。よく見ると日本の盆栽とは一風変わった品ぞろえですが…。

092818-1 こちらは南アフリカ原産のポーチュラカリアの盆栽。そして砂漠の植物も…。値段は6000円台から3万円台まで。店のオーナー、マシュー・パンティガムさんとポール・キロフさんです。キロフさんは、「僕たちは盆栽を進化させたいんだ。客はそれを感じとっていると思うよ」パンティガムさんは、「ニューヨークの狭いアパートでも手軽に緑を楽しめるしね」と話してくれました。

店で売る盆栽は二人が3カ月から数年をかけて育てたもの。日光に当てる時間を短くして育て、日当たりの悪い部屋にも置けるようにしています。水を蓄える土がたくさん入るように、自分たちで深い鉢をデザインしました。水やりの回数を最小限にする為です。パンティガムさんは商品についてこう語ります。「忙しい人が最小限の手間で育てられるようにしています。僕たちは盆栽を都会生活に適応するようにしているんだ」

子供の頃から植物が大好きだったパンティガムさんは、13年前盆栽に魅せられ、日本を訪れました。専門家について学びながら日本各地を周って、印象に残った盆栽を細かくノートに書き留めました。日本庭園についても知りたいと、庭師に弟子入りすると共に日本の大学でも勉強しました。

092818-2 日本で学んだパンティガムさんの噂を聞いて、変わったオーダーも舞い込んできます。なんと居間に石庭が…。ここは高級マンションの最上階。パンティガムさんが一年がかりで作りました。要になる大きな石は、わざわざ日本まで行って買い付けました。この家の住人は「京都の石庭に近いものができないかと彼に相談して作ってもらったんだ。この家に欠かせない石庭ができたよ」と満足そう。パンティガムさんは、「日本庭園が好きなのは、見る人に多くを与えてくれるからさ。僕が作ったもので安らぎを感じでもらえたらうれしい。自然がもたらす癒やしを届けることが僕の目標なんだ」と語ってくれました。

もっと多くの人に緑を楽しんでもらいたいパンティガムさんたちは勉強会を開いて、盆栽の手入れを教えています。参加者に感想を聞いてみました。

「アーティスティックだし、学ぶ事が多い」「盆栽は難しいと思っていたけど今日はすごく楽しかった!」

パンティガムさんたちの取り組みで “日本の心”がニューヨークに広がっています。 スタジオの辛源は、「ニューヨークの狭いアパートでも手軽に育てられるという所が受けているんでしょうね。ペットみたいに名前を付けてかわいがっている人もいるそうですよ」とコメントしました。

Dandy Farmer
www.dandyfarmer.com
テレビジャパンCLUBのTOPに戻る

PAGE TOP