映画

ハイライト番組

©'Love's Twisting Path' Film Partners
出演: 高良健吾 多部未華子 ほか

巨匠・中島貞夫監督 20年ぶりの最新作 高良健吾主演 日本映画史に残る「ちゃんばら映画」が誕生!幕末の京。清川多十郎(高良健吾)は、ワケありの小料理屋女将、おとよ(多部未華子)に何かと世話を焼かれながら貧乏長屋で暮らしていた。元々は長州で名うての侍だったが、親が残した借金から逃げるために脱藩浪人となり、己の鬼神のような剣の強さを持て余し、大義も夢もなく無為に日々を過ごしている。そんな中、取締りを強化する見廻組に急襲され、腹違いの弟・数馬(木村了)が負傷してしまう。多十郎は、おとよに数馬を託し、おとりとして町中を逃げ回り、追う役人を斬って斬って斬りまくる。多十郎の命を懸けた戦いが始まる。(提供:フィルミネーション)

©Eiichiro Oda/"2012 One Piece" production committee
劇場版「ONE PIECE」第12作目!元海軍大将ゼットとの史上最大の死闘が今、幕を開ける!! 古代兵器に匹敵するといわれるエネルギー・ダイナ岩が奪われ、新世界が消滅の危機にさらされている。首謀者は、「NEO海軍」を名乗り「全海賊抹殺」を企む伝説の元海軍大将・ゼット。その牙は麦わら海賊団のルフィたちにも向けられる!さらに、襲い掛かる海軍本部の“正義”。一方、海軍を離れながらも、密かに麦わらの一味の動向を追う青キジ…。次々と迫る強大な力を前にしても立ち止まらないルフィたち。今、新世界の運命を賭けたかつてない闘いが繰り広げられようとしていた。ゲスト声優:篠原涼子 香川照之

©2018「北の桜守」製作委員会
出演: 吉永小百合 堺雅人 篠原涼子 岸部一徳 佐藤浩市 ほか

吉永小百合120本目の出演作。堺雅人が息子役を熱演! 戦中戦後、北の大地を生きた親子の物語。「北の零年」「北のカナリアたち」に続く「北の3部作」の最終章。1945年8月、本土が終戦に向かう中、江蓮(えづれ)家が住む樺太にはソ連軍が迫っていた。樺太に残る夫との再会を約束し、てつ(吉永小百合)は二人の息子を連れて網走へと逃げ延びる。時は流れ1971年、次男の修二郎(堺雅人)はアメリカに渡って成功し、米国企業の日本社長として帰国する。修二郎は、年老いたてつを札幌に呼び共に暮らし始めるが、てつは一人網走に戻ろうとする。やがて二人で北海道の各地を巡り、共に過ごした記憶を拾い集めるように旅を始める。幸せとは、記憶とは、そして親子とは。その先に衝撃の結末が待っていた。

PAGE TOP