ドラマ

ハイライト番組

©麻見和史・KADOKAWA/テレビ朝日
(6)最終章 影の斜塔
929日 (火)
午後10:00(ET)/ 午後7:00(PT)
人気イタリアンレストランのオーナー・入沢博人(武田航平)が手足を縛られた状態で、新店舗の冷凍施設に閉じ込められ、凍死した未解決事件から5年―。成功のノウハウをまとめた自著『億りびと』を上梓したばかりのネット長者・西松文也(渡辺邦斗)が、入沢と同じように手足を縛られ、ホテルのバスタブで溺死しているのが見つかった。その遺体を見た「特命捜査対策室」第6係の刑事・矢代朋(波瑠)は、くるぶしに彫られた奇妙な刺青に目を留める。文書捜査のエキスパート・鳴海理沙(鈴木京香)によると、その刺青は「梵字」。しかも、5年前の被害者・入沢の腕にも「梵字」の刺青が彫られていた…。

©TBS SPARKLE/TBS(Japan)
(10)Not found
930日 (水)
午後10:00(ET)/ 午後7:00(PT)
伊吹(綾野剛)と志摩(星野源)が追っていたエトリが、ドローンに仕掛けられた爆弾で死んだ。司法解剖の結果、エトリの正体は5年前に起きた殺人事件の容疑者であることが判明。誰が何の目的で彼を殺したのか?1機捜の糸巻(金井勇太)の調べで、エトリはいつも、システム開発に詳しい若い男の指示を受け行動していたことがわかる。志摩はその若い男こそ、久住(菅田将暉)という男ではないかと考える。久住と面識があるのは留置場にいる高校生の成川(鈴鹿央士)だ。桔梗(麻生久美子)は、成川から久住について聞き出すよう九重(岡田健史)と陣馬(橋本じゅん)に指示…。

©TBS(Japan)
(2)
101日 (木)
午後10:00(ET)/ 午後7:00(PT)
玲子(松岡茉優)は、慶太(三浦春馬)の“ほころび”を繕うために、仕事も私生活でもおカネの使い方を徹底的にチェックしていた。しかし、あまりにもかけ離れた価値観でなかなか噛み合わない。そんな中、玲子は偶然鉢合わせた営業部の純(北村匠海)と、慶太の話で意気投合。一方、純は玲子への好意を確信する。慶太は元カノのまりあ(星蘭ひとみ)の婚約相手・山鹿(梶裕貴)が社長の富彦(草刈正雄)にモンキーパスの赤字事業である「わくわくスポーツランド」のリニューアルを提案していることを知り、対抗心が芽生える…。

©NHK
(2)髪結い女房の夢
102日 (金)
午後8:00(ET)/ 午後5:00(PT)
出演: 高橋克典 左とん平 小島梨里杏 ほか

信兵衛(高橋克典)は道場破りをやめ怪我をした重助(左とん平)のかわりに鶴之助を連れて屋台の蕎麦屋を始めた。信兵衛と同じ長屋に住む左官の庄太(須田邦裕)と髪結いのおきぬ(雛形あきこ)は夫婦になって10年たつが子供がいない。ある日そのことが原因で喧嘩(けんか)になってしまい、さらに庄太は憂さ晴らしに仲間と博打(ばくち)に行き多額の借金をつくってしまう。庄太は信兵衛に、おきぬとの離縁状を書いてくれと頼む。

©NHK
昭和16年に太平洋戦争が勃発、裕一(窪田正孝)は戦時歌謡に加え、ニュース歌謡の作曲にも携わるようになる。久志(山崎育三郎)は福島に帰郷し慰問活動、鉄男(中村 蒼)は新聞記者の仕事に戻って、三人のタッグによる活動は休止するなど、時代の荒波が押し寄せていた。音(二階堂ふみ)も自宅で開いていた音楽教室を閉めざるを得なくなり落ち込んでいたが、戦意高揚の音楽活動を行う“音楽挺身隊”に参加することになり…。

©NHK
(3)
102日 (金)
深夜12:35(ET)/ 午後9:35(PT)
出演: 森崎ウィン 高城れに(ももいろクローバーZ) ほか

幽霊(高城れに)の正体。それはエーミン(森崎ウィン)が大好きな漫画「氷の武将」の作者・小鳥遊玲だった。しかし、いまでも「氷の武将」は連載しており、ゴーストライターの存在を思い浮かべる。エーミンは編集者・中路(和田正人)を訪ねるが、中路は「ゴーストなんていない」という。そのことを玲に伝えると、玲は中路が自分の憧れの人であったことを思い出し、涙する。そして、その姿を見たエーミンは…。

©NHK
(3)貧民狂想曲
103日 (土)
午後10:00(ET)/ 午後7:00(PT)
出演: 江口洋介、上白石萌歌、志尊淳、板谷由夏、梶芽衣子、塩見三省、山本學、西郷輝彦、倍賞美津子

元ホームレスの末期がん患者・武村(塩見三省)の素性を調べて欲しいと頼まれた島田(江口洋介)。武村の「最後の願い」は、アパートで荷物の整理をしたいという単純なもの。望みは叶えたものの、帰り際に口にした「俺はかつての爆弾犯」という言葉が胸に引っかかる。武村は小説を書くことが生き甲斐だったが、過去に生活保護受給者の宿泊所で小説を侮辱されたことがあった。その時、武村が病院を抜け出したという報せが入り――。

©TBS(Japan)
(8)
103日 (土)
午後11:15(ET)/ 午後8:15(PT)
「タスクフォース合同報告会」で、開発投資銀行と共に債権放棄を断固拒否した半沢(堺雅人)は、花(上戸彩)から智美(井川遥)が元銀行員で、かつて中野渡頭取(北大路欣也)の部下だった過去を聞く。一方、大和田(香川照之)は「銀行員生命をかける」とまで言った債権放棄の受け入れの提案に失敗した紀本常務(段田安則)をここぞとばかりに追い落としにかかるが、逆に先の合同報告会が原因で中野渡頭取に参考人招致の噂があると突きつけられてしまう。政界のドン・箕部幹事長(柄本明)がついに牙をむいたのだった。紀本は政府とつながり一体何を企んでいるのか…?

©NHK
(26)三淵の奸(かん)計
104日 (日)
午後8:00(ET)/ 午後5:00(PT)
義昭(滝藤賢一)を奉じ、信長(染谷将太)と共に上洛を決めた義景(ユースケ・サンタマリア)だったが、その気まぐれな言動から、光秀(長谷川博己)や三淵(谷原章介)らはその真意に次第に不安を感じるようになる。家臣や一族も決して一枚岩ではない様子を見るにつけ、このままでは上洛をしても三好勢と十分に戦えないと判断した光秀は、信長を訪ね、単独で上洛をするように訴える。

©NHK
(4)
104日 (日)
午後11:15(ET)/ 午後8:15(PT)
ハナ(三田佳子)の前に現れた夫の隠し子、岩太郎(溝端淳平)。一級建築士で好青年の岩太郎に、忍家の一同は複雑。そして17年前、ハナが配達中に自転車から転んで入院した時、夫の岩造(小野武彦)は岩太郎の大学の入学式に行っていたことを知る。認知も望まず生きてきた愛人親子の姿を知って、ハナは自分でも思いもよらない衝動にかられ、夫の愛人で医師の森薫(余貴美子)に会う決心をする。勝負服のハナの前で薫は…。

©NIPPON TV
(6)
105日 (月)
午後10:00(ET)/ 午後7:00(PT)
親バカが高じて二度目の大学生活を満喫していたことを担当編集者の尾崎(谷口翔太)に打ち明けたガタロー(ムロツヨシ)は、小説家としての再起をはかるため頭を下げる。5ヶ月後―。大学2年の冬を迎えたさくら(永野芽郁)たちは成人式を間近に控えていた。ハタケ(中川大志)との交際も順調なさくらだが、いい雰囲気になると必ず現れるガタローのおかげで未だにキスも未遂のまま。そんな中、相変わらず美咲(小野花梨)が居候を続ける小比賀家に、顔にアザを作った寛子(今田美桜)が訪ねてくる…。

浜辺美波×岡田将生W主演 新感覚〝復讐〟エンターテインメント! 20歳にして弁護士となり、大手法律事務所に就職した白沢真実(浜辺美波)は法律の知識は確かだが、世間知らずと頭の固さで仕事が回ってこない。ある日、事務所の先輩弁護士が手を引いたお荷物案件を担当することに。依頼人の綿貫依里子は大手ゼネコンの御曹司に性被害を受けていたが、金や権力によって事実をねじ曲げられ、泣き寝入りを強いられていた。依里子は「復讐代行請負業」の男に復讐を依頼したが、その復讐代行は怪しく、金を振り込むも一向に復讐に着手する気配がない。詐欺だと確信した真実は法的に対処するため依里子に男を誘い出させる。そこに現れたのは詐欺師の黒岩賢介(岡田将生)だった...。

©KYODO TELEVISION/TBS
(1)
10月14日(水)午後10:00(ET)/午後7:00(PT)スタート
東野圭吾の傑作ミステリーを妻夫木聡と吉高由里子共演でドラマ化!ある日、獣医の手島伯朗(妻夫木聡)のもとに、「弟の妻」を名乗る謎の美女・楓(吉高由里子)が突然現れ、弟・明人(染谷将太)が失踪したと聞かされ、親族の誰かが関わっているのではないかという。親族とは、伯朗の母が夫を亡くした後に嫁いだ「矢神家」の一族。伯朗は母の死後は一族と疎遠になっていた。一方、矢神の血を引く明人には総額30億円とも言われる遺産の相続権があり、現当主が危篤状態にある今、その遺産を狙う親族が明人をさらったかもしれないと楓は訴える。伯朗は矢神家とは関わらないと決めていたが、楓と共に矢神の屋敷へ向かうことに...。

©NHK
(1)
10月18日(日)午後11:15(ET)/午後8:15(PT)スタート
白石一文原作 上川隆也主演 大人のヒューマンエンターテインメント! 医療系企業に勤める加能鉄平(上川隆也)は、妻・夏代(安田成美)と2人の子供と、裕福ではないが幸福な暮らしを送ってきた。鉄平の会社に男が訪ねてきて、かつて夏代は親族から遺産を相続し、総額は48億円だと言う。衝撃を受ける鉄平に夏代は一億円を差し出す。2人の未来は?若き鉄平(松村北斗(SixTONES)と夏代(森田望智)の出会いとは? 人生の逆転劇が、いま始まる。

©NIPPON TV
(1)
10月19日(月)午後10:00(ET)/午後7:00(PT)スタート
波瑠 が恋愛をさぼってきた“おひとり様”産業医演じる! 企業において、労働者の健康管理を行う医師である産業医の大桜美々(波瑠)は、「社員よ健やかに生きやがれ」をモットーに忙しい日々を送る。物語は今から半年前に遡る「コロナパニック」。新しい日常は、産業医の彼女にとっては対応に追われる苦難の日々。でも、その努力でなんとか会社とその社員たちを守れた、と自負もしている。ただ、その嵐が、自身も想像もしていなかった「恋をしたい」という謎の感情を彼女に抱かせることに。オンラインで知り合った相手にSNSで恋をしたが、相手はどうやら社内にいるらしい...!? 美々の恋は始まったばかり。

©Dai Yokozeki / Kodansha / 2020 Fuji Television Network, Inc.
(1)
10月22日(木)午後10:00(ET)/午後7:00(PT)スタート
あの“L一族”が帰ってきた!待望の続編放送決定! “Lの一族”こと、泥棒を家業とする三雲家の面々は世間から姿をくらまし、華(深田恭子)の恋人、桜庭和馬(瀬戸康史)の家に身を寄せていた。だが桜庭家は警察一家。華の父、尊(渡部篤郎)が繰り返す盗みに、和馬の父(信太昌之)は寝込んでしまう。さすがに、尊も潮時と桜庭家から引き払うのを機に、華は和馬とオンボロアパートに移った。ようやく2人きりの静かな生活を手に入れたのもつかの間、華たちにピンチが!その危機を救った尊は、2人に三雲家につながる新居をプレゼントする。そんな折、“Lの一族”は本格的に再始動することに。愛する和馬との平穏な日々を願う華の運命は!?

©テレビ朝日・東映
(1)
10月24日(土)午後11:15(ET)/午後8:15(PT)スタート
ついに20周年!『相棒』ワールドはさらなる進化を遂げる!閑静な住宅街で、警視庁交通機動隊=白バイ隊員、出雲麗音(篠原ゆき子)が銃撃された事件を捜査し始めた特命係の杉下右京(水谷豊)と冠城亘(反町隆史)。その矢先、万津幸矢という男性が、ビルから転落死する。組織犯罪対策五課・長角田課長(山西惇)の調べで、幸矢が暴力団組員相手に白バイ警官銃撃をほのめかしていたことが判明。麗音の事件との関連性を調べる中、幸矢が謎の仮想国家「ネオ・ジパング」と関わりを持っていたことが分かる。やがて事件は、IT長者・加西周明を“建国の父”とした「ネオ・ジパング」を巡り、思いもよらぬ方向へと展開していく!

第3回 人間椅子
1030日 (金)
深夜12:40(ET)/ 午後9:40(PT)
江戸川乱歩の短編小説を気鋭のクリエーターたちが映像化する。演出は渋江修平。人気女流作家・佳子(満島ひかり)のもとに「奥様…」と語りかける奇怪な原稿が届く。そこには、人が入れる肘掛け椅子を作り、座る人の肉体を椅子の中から感じて楽しむ男の告白が書かれていた。その椅子はホテルで使われていたが、今はある洋館の書斎で使われているという。肘掛け椅子を前に身震いが止まない佳子に、もう一通封書が届く…。

©テレビ東京
出演: 小栗旬 多部未華子 仲里依紗 高良健吾 新田真剣佑 ムロツヨシ ほか

山崎豊子原作 激動の時代を生きた日系アメリカ人二世たちの愛と奇跡の感動巨編! アメリカで生まれた日系二世の天羽賢治(小栗旬)は日本で教育を受けた後、UCLAで学び、卒業後はロサンゼルスの邦字新聞「加州新報」の記者として働いていた。職場の同僚・梛子(多部未華子)は賢治のUCLA時代の同級生・チャーリー田宮(ムロツヨシ)と交際しており、賢治は梛子の友人で二世のエミー(仲里依紗)と結婚した。だが、太平洋戦争が始まり、賢治を取り巻く状況は一変。賢治や父・乙七(松重豊)、母・テル(麻生祐未)ら日系人たちはマンザナールの強制収容所に送られる。一方、弟の忠(高良健吾)は、日本兵として徴兵されフィリピンの戦地へと送られる。「二つの祖国」の狭間に立たされた賢治を待ち受ける運命とは…!? (後篇)29日(日)午後7:55(ET)/午後4:55(PT)

©テレビ東京
出演: 小栗旬 多部未華子 仲里依紗 高良健吾 新田真剣佑 ムロツヨシ ほか

終戦後、賢治(小栗旬)は原爆調査団の一員として、広島に入る。戦時交換船で広島に帰った梛子(多部未華子)は果たして無事なのか…?さらに、かつて息子の命を救った医者・ピーターソン(ダニエル・カール)と再会する。ピーターソンは被爆者の今後の健康被害を心配していた。そんな中、GHQの副官にまで昇り詰めたチャーリー(ムロツヨシ)も広島へやってきて、母と妹・万里子(橋本マナミ)を訪ねるが…。やがて、日本の戦争責任を裁く極東国際軍事法廷で、賢治は通訳の言葉をチェックするモニターを任される。大川周明(笑福亭鶴瓶)、広田弘毅(リリー・フランキー)、東條英機(ビートたけし)など、かつての日本の指導者たちは法廷で無罪を主張する。?日本とアメリカ「二つの祖国」の狭間に立たされた賢治を待ち受ける運命は…!?

シリーズ番組

ふるカフェ系 ハルさんの休日
©NHK
水曜
 
深夜 1:00~1:30ET /午後10:00~10:30PT
よるドラ「彼女が成仏できない理由」
©NHK
金曜
 
深夜12:35~1:05ET /午後 9:35~10:05PT
ドラマ「MIU404」
©TBS SPARKLE/TBS(Japan)
水曜
 
午後10:00~11:00ET /午後 7:00~8:00PT
水曜
深夜 5:10~6:00ET /深夜 2:10~3:00PT
ドラマ「おカネの切れ目が恋のはじまり」
©TBS(Japan)
木曜
 
午後10:00~11:00ET /午後 7:00~8:00PT
木曜
深夜 5:10~6:00ET /深夜 2:10~3:00PT
ドラマ「半沢直樹(2020)」
土曜
 
午後11:15~12:10ET /午後 8:15~9:10PT
土曜
深夜 5:05~6:00ET /深夜 2:05~3:00PT
ドラマ「未解決の女 警視庁文書捜査官(2020)」
©麻見和史・KADOKAWA/テレビ朝日
火曜
 
午後10:00~11:00ET /午後 7:00~8:00PT
ドラマ「相棒 Season18」
©テレビ朝日・東映
日曜
午後 2:00~2:50ET /午前11:00~11:50PT
ドラマ「竜の道 二つの顔の復讐者」
©Toru Shirakawa/Gentosha/Kansai TV/Kyodo TV
木曜
 
午後10:00~11:00ET /午後 7:00~8:00PT
ドラマ「親バカ青春白書」
©NIPPON TV
月曜
 
午後10:00~11:00ET /午後 7:00~8:00PT
プレミアムドラマ「すぐ死ぬんだから」
©NHK
日曜
 
午後11:15~12:10ET /午後 8:15~9:10PT
火曜
深夜 5:10~6:00ET /深夜 2:10~3:00PT
仮面ライダーエグゼイド
©2016 Ishimori Production Inc., and Toei Company, Ltd. All Rights Reserved.
土曜
 
午後 6:45~7:10ET /午後 3:45~4:10PT
土曜ドラマ「天使にリクエストを~人生最後の願い~」
©NHK
土曜
 
午後10:00~11:00ET /午後 7:00~8:00PT
日曜
深夜 5:10~6:00ET /深夜 2:10~3:00PT
大河ドラマ「麒麟(きりん)がくる」
©NHK
日曜
 
午後 8:00~8:47ET /午後 5:00~5:47PT
日曜
深夜 1:15~2:00ET /午後10:15~11:00PT
大河ドラマ「麒麟(きりん)がくる」<英語字幕付き>
土曜
 
午後 5:15~6:00ET /午後 2:15~3:00PT
連続テレビ小説「エール」
©NHK
日月火水木金
 
午後 9:45~10:00ET /午後 6:45~7:00PT
月火水木金土
午前 7:30~7:50ET /午前 4:30~4:50PT
月火水木金土
午前10:00~10:15ET /午前 7:00~7:15PT
(アンコール)土曜時代ドラマ「子連れ信兵衛」
金曜
 
午後 8:00~8:40ET /午後 5:00~5:40PT
土曜
深夜 1:15~2:00ET /午後10:15~11:00PT
5分で「麒麟(きりん)がくる」
金曜
 
午後10:50~11:00ET /午後 7:50~8:00PT
日曜
午後 1:55~2:00ET /午前10:55~11:00PT

PAGE TOP