テレビジャパン

北米どこでも24時間日本語チャンネル
視聴方法ENGLISH Facebook Twitter カスタマーサービス 番組表

ドラマ

ハイライト
ドラマ「A LIFE~愛しき人~」

出演: 木村拓哉 竹内結子 松山ケンイチ 木村文乃 菜々緒 及川光博 浅野忠信 ほか

1月24日(火) 午後10:15 (ET)/午後 7:15 (PT)

壮大(浅野忠信)に頼まれ、深冬(竹内結子)の手術をするため壇上記念病院に残ることにした沖田(木村拓哉)。深冬の病状の深刻さに、沖田は考え込む。ある日井川(松山ケンイチ)は、森本(平泉成)という和菓子職人の患者を担当することに。院長(柄本明)が頼んだ患者だと知った井川は、張り切って大動脈瘤の手術のイメージトレーニングを繰り返す。森本への手術の説明時に後遺症の可能性について詰め寄られた井川は大丈夫、と断言。そして手術の日を迎えるが…。


プレミアムよるドラマ「幕末グルメ ブシメシ!」

出演: 瀬戸康史 田中圭 酒井若菜 三吉彩花 草刈麻有 戸田恵子 徳井優 平田満 草刈正雄 ほか

1月24日(火) 午後11:45 (ET)/午後 8:45 (PT)

ある日、伴四郎(瀬戸康史)は茂照(草刈正雄)から立石藩への遣いを頼まれる。近々、藩対抗の相撲大会が行われるため、相手藩の力士を偵察に行って欲しいというのだった。偵察先で伴四郎は、非力な力士・小車(森田甘路)と出会う。自分が藩の代表力士になる!と、言い張る小車だが、どう考えても無謀に思える。しかし、彼が代表にこだわるのには、ある理由が隠されていた。その理由を知った伴四郎は、相手藩の力士だと分かりながらも小車を応援したい、と思うが…。


ドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」

出演: 新垣結衣 星野 源 大谷亮平 藤井 隆 真野恵里菜 成田 凌 山賀琴子 髙橋 洋 葉山奨之 古畑星夏 細田善彦 高山侑子 古舘寛治 モロ師岡 高橋ひとみ 宇梶剛士 富田靖子 古田新太 石田ゆり子 ほか

1月25日(水) 午後10:15 (ET)/午後 7:15 (PT)

自分の布団に残ったみくり(新垣結衣)の匂いに惑わされ、“プロの独身”のポリシーが保てなくなることを恐れた津崎(星野源)は、急にみくりに対して心を閉ざしはじめる。異性であるみくりとの距離をおくため、2LDKの部屋に引っ越そうとまで言い出し、態度が急変した津崎の心理がわからず頭を抱えるみくり。食卓での会話も徐々にぎこちなくなっていき、家では緊張感が漂いはじめ…。一方、勘の鋭い津崎の同僚・沼田(古田新太)は、先日訪れた津崎宅の寝室にシングルベットがひとつしかないことから、みくりたちの夫婦生活に疑いの目を向けはじめる。後輩の風見(大谷亮平)も、沼田の推理には納得の様子だ。


ドラマ「沈まぬ太陽」

出演: 上川隆也  夏川結衣 壇れい 板尾創路 小泉孝太郎 草刈民代 若村麻由美 古谷一行 國村隼 渡部篤郎 ほか

1月26日(木) 午後10:15 (ET)/午後 7:15 (PT)

事故から数カ月が経ち、国民航空は恩地(上川隆也)ら遺族係が見守る中、身元不明ご遺体出棺式を執り行っていた。出棺式で初めて一同に会した遺族たちは互いに慰め合い、幼い息子を亡くした杉内芳美(麻生祐未)の提案により遺族会が発足する。そんな中、利根川総理(平幹二朗)とその影の参謀・龍崎一清(橋爪功)は信頼を失墜させた国民航空の建て直しのため、関西紡績会長の国見正之(長塚京三)にトップ就任を要請する。


連続テレビ小説「べっぴんさん」

1月22日(日)~1月27日(金)

すみれ(芳根京子)は、任されていた大急百貨店の展示のテーマを「女の一生」に決め、明美(谷村美月)、良子(百田夏菜子)、君枝(土村芳)と準備を進めていく。一方で、家出中の娘・さくら(井頭愛海)は姉のゆり(蓮佛美沙子)の家からいまだ帰らない。すみれは夫の紀夫(永山絢斗)に「会いに行かないか」と誘われるが、「今はまだかける言葉が見つからない」と断るのだった。一方、潔(高良健吾)は紀夫から、昔一緒に働いていた岩佐栄輔(松下優也)が神戸に戻ってきたという情報を得る。若者に大流行している洋服店「エイス」を経営しているのが栄輔だと思い当たった潔は、早速大急百貨店に推薦の話を持ちかけていく。


ドラマ10「お母さん、娘をやめていいですか?」

出演: 波瑠 柳楽優弥 麻生祐未 大空眞弓 壇蜜 石井杏奈 寺脇康文 斉藤由貴 ほか

1月27日(金) 午後10:15 (ET)/午後 7:15 (PT)

美月(波瑠)は顕子(斉藤由貴)に反発し、松島(柳楽優弥)とつき合うことにする。すると、顕子が突然倒れてしまう。美月は顕子を気遣い、いったんは松島と距離を取ろうとする。しかし、顕子が回復すると、再び美月は松島に会いにいこうとする。その美月を顕子が尾行していた。気づいた美月は走って顕子を振り切り、松島の元にたどりつく。取り残された顕子は、建築中の早瀬家の美月の部屋に、夜一人で忍び込む。


大河ファンタジー 精霊の守り人Ⅱ 悲しき破壊神

出演: 綾瀬はるか 板垣瑞生 真木よう子 柄本明 鈴木梨央 ディーン・フジオカ 壇蜜 福山康平 橋本さとし 品川徹 伊武雅刀 渡辺えり 岩崎う大 鈴木亮平 織田梨沙 小市慢太郎 ほか

1月28日(土) 午後10:15 (ET)/午後 7:15 (PT)

バルサ(綾瀬はるか)がアスラ(鈴木梨央)と身を潜める小屋に呪術師スファル(柄本明)が現れ、アスラは怒りで人々を殺す力を持っており、誰にも救えないと忠告する。それでもアスラを守ろうとするバルサだが、薬を盛られたのか意識が遠のいていく…。一方、サンガル王国救出の航海に出たチャグム(板垣瑞生)は、タルシュ帝国に対抗するには隣国との同盟が必要と祖父のトーサ(伊武雅刀)に訴え、針路をロタ王国に向けさせた…!


大河ドラマ「おんな城主 直虎」

1月29日(日) 午後 8:00 (ET)/午後 5:00 (PT)

井伊家の本領安堵の条件としておとわ(新井美羽)は正式に出家することになり、「次郎法師」という名を与えられる。「次郎」とは井伊家の家督を継ぐ男子の幼名であった。翌日から兄弟子である昊天(小松和重)と傑山(市原隼人)による厳しい修行が始まる。一方、今川の目付となった小野政直(吹越満)は井伊家中における発言権をますます高めていた。そんなある日、政直の命を狙う北条の手の者が井伊谷にやってくる。


ドラマ「海に降る」<全6回>

出演: 有村架純 遠藤憲一 時任三郎 原田知世 板谷由夏 竹中 直人 平泉成 西岡徳馬 筒井道隆 高橋和也 井上芳雄 ほか

29日(日)午後11:15(ET)/午後8:15(PT)スタート

有村架純主演 JAMSTEC(海洋研究開発機構)を舞台にした壮大なるヒューマンドラマ。海洋科学に関する研究機関、JAMSTEC(海洋研究開発機構)で、有人潜水調査船「しんかい6500(6K)」の運行チームに所属する天谷深雪(有村架純)は、6Kのパイロットになることが夢。父・厚志もパイロット兼研究者だったが、志半ばで病死。深雪は、父が話してくれた「深海の宇宙」の探索を目標に、パイロット候補生として日々業務にいそしむ。そんなある日、深雪は6Kに搭乗するチャンスをつかむ。しかし直前、深海に取り残されたパイロットたちの恐怖の映像を見てしまう…。衝撃的な映像から激しい恐怖に襲われる深雪。果たして彼女は、暗黒の深海から無事に帰還できるのか。


ドラマ「東京タラレバ娘」

出演: 吉高由里子 榮倉奈々 大島優子 坂口健太郎 鈴木亮平 ほか

1月30日(月) 午後10:15 (ET)/午後 7:15 (PT)

早坂(鈴木亮平)がマミ(石川恋)と付き合い始めたショックを引きずり続ける倫子(吉高由里子)。さらに、自分たちを「タラレバ女」と名付けた男・KEY (坂口健太郎)が今話題のモデルだということも判明し、衝撃を受ける。ある日、早坂から新ドラマの主題歌を歌うバンドのライブに誘われた倫子は、香(榮倉奈々)と小雪(大島優子)と一緒に行くことに。ライブに集まった若い女子たちの熱気に押され気味の3人。そんな中、香はギタリストに見覚えが…。それはなんと、元カレ・涼(平岡祐太)だった!!運命的な再会に胸をときめかせる香。しかし、涼にはモデルの彼女がいることがわかり、香はどっぷり落ち込んでしまう。


時代劇「忠臣蔵の恋~四十八人目の忠臣」

2月3日(金) 午後 8:00 (ET)/午後 5:00 (PT)

元禄16年正月。吉良邸討ち入りから年が明けても、赤穂浪士の処分は下されなかった。きよ(武井咲)は助命嘆願の伝手を求めて動く。そんな時、きよを訪ねてきたのは、十郎左衛門(福士誠治)がお預けとなっている細川家の家来、堀内(北見敏之)だった。堀内は十郎左が大石らと共に穏やかに過ごしていると様子を伝える。大事なお守りと称すあるものを肌身離さず持っているとも。互いの存在を感じあう二人だが、切腹の処分が下される。十郎左が死座の最後まで離さなかった物とは…。


スペシャルドラマ「氷の轍」

出演: 柴咲コウ 沢村一樹 宮本信子 余 貴美子 ほか

2月4日(土) 午後 8:10 (ET)/午後 5:10 (PT)

直木賞作家・桜木紫乃のオリジナル原作。柴咲コウが「孤独」と「屈託」を抱えた刑事を熱演! 大門真由(柴咲コウ)は北海道警釧路中央本部の新人刑事。生面目で打ち解けない性格だ。唯一の肉親である元刑事の父・史郎(塩見三省)は病に倒れている。真由の教育係・警部補の片桐(沢村一樹)は、史郎から薫陶を受けた刑事の一人だ。二人は、釧路の雪原で発見された身元不明の冷凍遺体の捜査を担当する。遺体は加藤千吉(金子達)といい、30年前に札幌で管理売春の前科があった。そんな矢先、元タクシー運転手の滝川信夫(品川徹)が殺害される別の事件が発生。一見無関係な二つの事件はやがて結びつき、事件の原点は60年代の青森へと遡る…。


べっぴんさん1週間

日曜

午後 1:45~2:05 ET

午前10:45~11:05 PT

©NHK

ドラマ10「お母さん、娘をやめていいですか?」

金曜

午後10:15~11:10 ET

午後 7:15~8:10 PT

©NHK

再放送 ドラマ10「お母さん、娘をやめていいですか?」

火曜

深夜 2:10~3:00 ET

午後11:10~12:00 PT

©NHK

ドラマ「A LIFE~愛しき人~」

火曜

午後10:15~11:15 ET

午後 7:15~8:15 PT

©TBS(Japan)

再放送 ドラマ「A LIFE~愛しき人~」

火曜

深夜 5:10~6:00 ET

深夜 2:10~3:00 PT

©TBS(Japan)

ドラマ「東京タラレバ娘」

月曜

午後10:15~11:15 ET

午後 7:15~8:15 PT

©Akiko Higashimura / KODANSHA LTD.© NIPPON TV

ドラマ「沈まぬ太陽」

木曜

午後10:15~11:15 ET

午後 7:15~8:15 PT

©原作 山崎豊子『沈まぬ太陽』(新潮文庫刊)企画協力 山崎定樹 野上孝子 新潮社 ©2016 WOWOW/角川大映スタジオ

再放送 ドラマ「沈まぬ太陽」

日曜

深夜 5:10~6:00 ET

深夜 2:10~3:00 PT

©原作 山崎豊子『沈まぬ太陽』(新潮文庫刊)企画協力 山崎定樹 野上孝子 新潮社 ©2016 WOWOW/角川大映スタジオ

ドラマ「相棒 season 15」

土曜

午後11:15~12:10 ET

午後 8:15~9:10 PT

©テレビ朝日・東映

ドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」

水曜

午後10:15~11:15 ET

午後 7:15~8:15 PT

©TBS(Japan)

再放送 ドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」

水曜

深夜 5:10~6:00 ET

深夜 2:10~3:00 PT

©TBS(Japan)

プレミアムよるドラマ「幕末グルメ ブシメシ!」

火曜

午後11:45~12:15 ET

午後 8:45~9:15 PT

©NHK

再放送 プレミアムよるドラマ「幕末グルメ ブシメシ!」

土曜

深夜 5:10~5:40 ET

深夜 2:10~2:40 PT

©NHK

仮面ライダーフォーゼ

土曜

午後 6:45~7:10 ET

午後 3:45~4:10 PT

©2011 ISHIMORI PRODUCTION INC. and TOEI COMPANY, LTD. All Rights Reserved.

大河ドラマ「おんな城主 直虎」

日曜

午後 8:00~8:47 ET

午後 5:00~5:47 PT

©NHK

再放送 大河ドラマ「おんな城主 直虎」

日曜

深夜 1:15~2:00 ET

午後10:15~11:00 PT

©NHK

大河ドラマ「真田丸」<英語字幕付き>

土曜

午後 5:15~6:00 ET

午後 2:15~3:00 PT

大河ファンタジー 精霊の守り人Ⅱ 悲しき破壊神

土曜

午後10:15~11:15 ET

午後 7:15~8:15 PT

©NHK

再放送 大河ファンタジー 精霊の守り人Ⅱ 悲しき破壊神

木曜

深夜 5:00~6:00 ET

深夜 2:00~3:00 PT

©NHK

時代劇「忠臣蔵の恋~四十八人目の忠臣」

金曜

午後 8:00~8:40 ET

午後 5:00~5:40 PT

©NHK

再放送 時代劇「忠臣蔵の恋~四十八人目の忠臣」

土曜

深夜 2:10~2:45 ET

午後11:10~11:45 PT

©NHK

連続テレビ小説「べっぴんさん」

日月火水木金

午後 9:45~10:00 ET

午後 6:45~7:00 PT

©NHK

再放送 連続テレビ小説「べっぴんさん」

月~金

午前 7:30~7:50 ET

午前 4:30~4:50 PT

©NHK

再放送 連続テレビ小説「べっぴんさん」

月火水木金

午前10:00~10:15 ET

午前 7:00~7:15 PT

©NHK

再放送 連続テレビ小説「べっぴんさん」

土曜

午前 7:30~7:45 ET

午前 4:30~4:45 PT

©NHK

再放送 連続テレビ小説「べっぴんさん」

土曜

午前 9:45~10:00 ET

午前 6:45~7:00 PT

©NHK

ページトップに戻る